スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトピー性皮膚炎と花粉症の関係

アトピー性皮膚炎花粉症は、実はとても密接な関係にあります。というのも、アトピーはアレルギーが原因で発症する疾患だからです。そして花粉もアレルゲンによる反応が引き起こすものなので、アトピー患者のアレルゲンが花粉であれば、花粉に対してアレルギー反応を起こしてしまい、アトピーと花粉症の両方の症状が出てしまうこともあるのです。

花粉は通年飛んでいますが、特に花粉症の方を悩ませるのが、冬から春にかけて飛び始めるスギ花粉です。実際、アトピー性皮膚炎の方のうち、花粉によるアレルギー性鼻炎があるのは約40%とも言われています。つまり、アトピー性皮膚炎患者の半数近くが花粉症に悩んでいるのです。

アトピーと花粉症が重複した症状

花粉症の症状といえば、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、充血など。この症状に加えてアトピー皮膚炎の症状が出ている場合は、目の周りでアトピーの湿疹が悪くなったり、鼻の下で湿疹がひどくなったりすることが考えられます。

普段はアトピーの症状がほとんどない人でも、花粉症の時期だけは肌荒れや肌のかゆみなど、アトピーの症状が起こってくることがあります。花粉症の薬によってだいたい抑えられますが、症状のひどいときは、アトピーに効果のあるとされている食品をとったり、低刺激の石けんやシャンプーに変えることで症状が治まる場合があります。

アトピーだと思っていたら花粉症だった・・・ということがあるので、検査をして花粉にアレルギー反応があるかを調べ、医師に相談して対策をとりましょう。単に花粉症と言っても、それがどの植物の花粉によるものかは人によっても季節によっても様々です。自己診断で済ませず、自分のアレルゲンを正確に知ることで、正しい対策ができるようになります。

多くの病院で行われている血液検査では、スギやヒノキ、ブタクサなどの花粉のほか、ハウスダストや食品、動物など、花粉以外のアレルゲンも同時に調べることができます。花粉症の方は、花粉以外の物質にも同時にアレルギー反応を引き起こされる人も多く、検査によって思わぬアレルゲンが見つかった、ということもあります。

その他、皮膚にアレルゲンを付着させたり注入することで反応を見る皮膚検査や、鼻の粘膜のアレルギー反応を見る検査などがあります。

外出時と家の中でできる対策方法

<外出時>

花粉との接触をできるだけ避けるために、マスクやメガネを着用し、服装も花粉が残りにくい表面がスベスベした素材がオススメ。外に出るときは、テレビや新聞などの花粉情報のチェックもお忘れなく。

<家の中での対策>

帰宅したら服についた花粉をはらい落とすようにし、洗顔とうがいをして、家の中に花粉を持ち込まないことが肝心です。どうしても室内に入ってしまう花粉は、こまめに掃除をすることが重要です。


花粉症サプリメント通販
スポンサーサイト

アトピーとオメガ3脂肪酸欠乏



アトピー性皮膚炎の人は「オメガ3脂肪酸欠乏」

食生活の欧米化が深刻な「オメガ3欠乏」を招いていますが、その一因としては、次のようなことも挙げられます。

一般に現代人は、寒い地域の食物より、温かい地域の食物を好んで食べるようになっています。

冬でも、トマトやキュウリ、ピーマンなどの夏野菜が食べられるようになりました。

実は、「オメガ6」が温かい地域の農作物に多く含まれているのに対して、「オメガ3」は寒い地域の農作物に多いのです。

ホウレン草、春菊、小松菜、白菜、ブロッコリーなどの冬野菜は、よいオメガ3の摂取源となっています。


また精白技術の進歩が、オメガ3の不足に拍車をかけています。

穀類の胚芽にはオメガ3とオメガ6が共に含まれているのですが、精白することで「オメガ3」が失われてしまいます。

さらにオメガ3不足の大きな原因として現代式の製油法が挙げられます。

食用油といえば、かつては手絞り的な圧搾法「コールド・プレス(低温圧搾法)」で製造されていました。

しかし現代では、そうした方法で作られているのは亜麻仁油、オリーブ油などの一部の油のみです。


それ以外の殆どの食用油は、化学的溶剤で原料の中の脂肪を溶かし出し、その後に溶剤を除去するといった方法で作られています。

そして最後の脱臭工程では、230℃以上もの高温処理がなされています。

取り出された油には、部分的に水素が添加されます。

"水素添加"とは、不飽和脂肪酸の二重結合部分に、高温高圧下で強引に水素をつなげて油を飽和状態に変えてしまうことです。

こうすると油は酸化し難くなって日持ちがよくなり、商品寿命が伸びるからです。


こうした製造過程で真っ先に失われてしまうのが、水素と最も反応しやすい「オメガ3」なのです。

原料となる大豆やゴマなどの種子類には、僅かですがオメガ3が含まれていますが、今述べたような製油法では、殆どなくなってしまいます。

その上「トランス型脂肪酸」という有害な脂肪酸が生成されることになります。

また「溶剤使用」「高温処理」「水素添加」という現代式の製油法の中では、オメガ3だけでなく、ビタミンなどの栄養素も失われてしまいます。

このような原因が重なって、現代人の「オメガ3不足」は、極めて深刻な状態になっているのです。

アトピー性皮膚炎改善法

アトピー性皮膚炎の改善、克服、そして完治を目指してTOP

アトピー性皮膚炎と酸化コレステロール皮膚炎


重症アトピー性皮膚炎の患者さんの場合、ご本人は認識していない場合が多いのですが、アトピー性皮膚炎ではなく酸化コレステロール皮膚炎になっている場合が多いのです。

アトピー性皮膚炎から酸化コレステロール皮膚炎への移行はステロイド外用剤を使用し始めてから数カ月から数年で起こります。

酸化ステロイド物質などが皮下に溜まってない、ただのアトピー性皮膚炎でしたら、抗酸化物質、微量ミネラルの摂取で比較的容易に改善されます。
     
問題は、酸化コレステロール皮膚炎に移行している場合なのです。

アトピーの体質改善をすることなくステロイド外用剤を続けた場合に、発疹の増強が起こり、ステロイド外用薬の増量を強いられるという状況に陥る人も多いのです。

この状況は、ステロイド外用剤の連続投与によって、使用されたステロイドが皮膚組織に沈着して、起炎症作用を持つ酸化コレステロールに変性したことにより起きる現象です。


酸化コレステロールは皮膚組織に沈着して炎症を起こす原因となっているので、この酸化コレステロールを排泄しない限り炎症は続きます。
    
この状態が、多くの重症アトピー患者さんを苦しめている状態なのです。

そして、ステロイド依存の酸化コレステロール皮膚炎患者さんは激しい免疫抑制状態になっています。

排泄器官である皮膚の機能も低下していて、皮下に溜まった酸化コレステロールを排出する事ができないのです。

炎症の原因となっている皮下に溜まった酸化コレステロールを排出しない限り完治はありえません。

皮下に溜まった毒素を排出するときに激しい炎症を伴います。いわゆるリバウンドです。

リバウンドの程度は皮下に溜まっている毒素の量によって異なります。

しかし、皮下に溜まった毒素を出しきらなければ完治はできませんので避けては通れないのです。

アトピー性皮膚炎改善法

アトピー性皮膚炎の改善、克服、そして完治を目指してTOP

アトピー最大の敵②


以前、アトピー性皮膚炎の最大の敵として白砂糖の害について説明しましたが、思いのほか反響が大きかったので今回もうすこし詳しくご説明します。


一般に販売されている”甘いもの”には、白砂糖が使用されています。


白砂糖はその精製過程で、石灰やアンモニア、亜硫酸ガス等の化学薬品を大量に使い、精製化し製造されます。


その際、大切なミネラル等を全て奪ってしまいます。


つまりこれは自然界には絶対存在しない食品添加物であるということなのです。


サトウキビの時にもっていたビタミンやカルシウム等を完全に失ってしまった、超アンバランス(超酸性)食品になっています。


その白砂糖が体内に入ると、その分解のために、皮肉にもその精製過程で失ったビタミンB1、カルシウム等を必要とするのです。


ですから白砂糖を日常的に摂り過ぎますと、体内のビタミンやカルシウムがどんどん奪われ、ついには骨から削ってくるしかない事態になります。


そうすると骨は弱くもろくなり、骨折しやすくなったり、関節痛や腰痛を引き起こしたり、歯(歯茎)が弱くなったり、視力が低下したり、また、体液が酸性に傾くことによって皮膚かぶれや吹き出物等のトラブルも多くなります。


カルシウムが不足して、血液中のカルシウム濃度が低下すると、カルシウムセンサーがカルシウム不足をキャッチして、副甲状腺ホルモンが分泌され、骨からカルシウムが溶かし出され血液中に補給されます。


その時、副作用としてあらゆる細胞内に余分なカルシウムを増やしてしまうのです。


これがあらゆる病気(糖尿病、ガン、アレルギー、高血圧、アルツハイマー等)や老化の元凶となります。


また白砂糖は、体内のビタミンCも浪費して体に悪影響を及ぼします。


現代人に多いストレスを甘いもので解消している人は特に要注意です。


このビタミンCは、抗ストレス剤として体内での副腎皮質ホルモンの合成や、骨や皮膚をつくるのに重要なコラーゲンの合成に不可欠ですので、ストレスの多い人や、骨や皮膚に病気をもっている人は特に白砂糖を避けるべきなのです。


三温糖というのは、白砂糖やグラニュー糖を取った残りの蜜をさらに煮詰めてカラメル化したものです。


白砂糖と同じく三温糖も避けて下さい。


では、甘いものを摂る場合はどうすれば良いのか?


黒砂糖や蜂蜜、てんさい糖など自然の甘味を取り入れるといいと思います。


ただし、安物の蜂蜜には白砂糖が添加されていることもありますのでよく成分表示を確認しましょう。


てんさい糖は甜菜という大根から絞った糖で、ミネラルと腸内環境を整えるオリゴ糖が含まれています。

アトピー性皮膚炎改善法

アトピー性皮膚炎の改善、克服、そして完治を目指してTOP

アトピー性皮膚炎に悪い油



最悪の油!マーガリン、トランス型脂肪酸の害


バターの代用品として、植物油を原料として開発された"マーガリン"は、リノール酸ブームにのって広く普及することになりました。


「バターよりも健康によい」と信じられ、パン食には欠かせないものとして好まれてきました。


ところが欧米での研究によって、マーガリンは健康によいどころか「最悪の油」であることが明らかにされました。


マーガリンは、炭素と水素が結合していない部分に、化学的処理で水素を添加する技術によって作られます。


そうすることで液体である不飽和脂肪酸(植物油)が固体化され、まったく別の脂肪酸になるのです。


こうして出来た油を"硬化油"と言い、それに乳化剤と水を加え、急冷して作られるのがマーガリンです。


マーガリンの一番の問題点は、植物油を無理矢理固体化することで、自然界には存在しない油に変わってしまっていることです。


天然の脂肪酸の分子間の結合を「シス型」と言いますが、マーガリンのように加熱や薬品処理によって水素添加された油は、その結合部分が「トランス型」という、異性化した不自然なものに変質してしまっているのです。


トランス型脂肪酸は、体内で利用することが出来ないだけでなく、細胞膜を硬くしその働きを損ないます。


何の役にも立たない脂肪が居座ることで、他の脂肪の働きが阻害されてしまいます。


トランス型脂肪酸は、エネルギーにも局所ホルモンの材料にもならず、細胞膜を脆くし、脂溶性ビタミンの働きを妨げるなど、健康に大きなマイナスを引き起こします。


また悪いコレステロールを増やし善いコレステロールを減らすことで、直接的に心臓病のリスクを高めたりします。


その上体に溜まりやすく追い出すことが出来ない、少量でも極めて有害な脂肪酸なのです。


欧米では、トランス型脂肪酸の弊害について認識が急速に広まり、こうした脂肪酸を含む製品の販売を規制する動きが起こっています。


ドイツでは数年前から、トランス型脂肪酸を含むマーガリンの製造を中止しています。


トランス型脂肪酸は、マーガリンだけでなく、高温処理された植物油や、そうした油を使用したマヨネーズやドレッシングなどの調味料に含まれています。


また成分表示に「植物性油脂」「ショートニング」と記された、

・ポテトチップスやスナック菓子
・食パン、菓子パン、クッキー、ケーキ
・インスタントラーメン、コーヒーのフレッシュ
・アイスクリーム

など、様々な加工食品に含まれています。


マーガリンは、

・カビも生えず、ハエも寄らないプラスチック食品

と言われていますが、正に「トランス型脂肪酸」は健康を脅かす"狂った脂肪"なのです。

アトピー性皮膚炎改善法

アトピー性皮膚炎の改善、克服、そして完治を目指してTOP

メールセミナー登録フォーム

知らないと怖い!?
アトピー性皮膚炎の真実

アトピー性皮膚炎克服への道
無料レポート&セミナー
登録フォーム

お名前(姓)
メールアドレス
*いつでも解除できます。
アトピー性皮膚炎改善プログラム
プロフィール

rimau

Author:rimau
アトピー性皮膚炎を改善、そして克服・完治させることは可能です。実際に私が経験しました。アトピーを治すことは意外と簡単なんです。あなたのアトピーの症状を改善して快適な生活を取り戻すための情報を発信します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。